送料や関税などのコストに見合う買い物

送料や関税などのコストに見合う買い物

化粧品の類に関しても同様の数量制限が設けられています。こちらはひとつの品目に対して24個以内となります。

このように、個人輸入といっても購入できる量には一定の制限があります。まず購入者が非常にわんさ医薬品について。

利用する際にはどの程度購入できるのか、送料や関税などのコストに見合う買い物となるのか如何かを確認しておく必要があるでしょう。個人で利用するためのものという名目のためです。

個人輸入代行を利用する際には購入する製品の数量に関して一定の制限が設けられているのです。では、どのような数量制限が存在しているのでしょうか。

医薬品と医薬部外品に関しては2ヶ月分以内の購入となっています。日本で購入するには医師の処方が必要だったり、入手が困難な製品を入手できる点が最大の魅力で、あくまで個人目的で購入するため自由度の高さも重要なポイントとなっています。

しかしいくら個人での利用だといっても好きなものを好きなだけ購入できるわけではありません。この健康器具はあくまで家庭用で利用するものに限ります。

こちらは同じ製品を1セットまで。なお、毒薬、劇薬、処方せん薬など体への影響が雄大薬に関しては1ヵ月以内となります。

それから外用剤。あとは健康器具。


ホーム RSS購読 サイトマップ