自由に購入することが可能

自由に購入することが可能

たとえば海外の商品を販売している業者と何が違うのでしょうか。最大の違いは「個人が購入するか如何か」にあります。

個人で購入する場合にはこの認可は必要なく、自由に購入することが可能になっているのです。医薬品、医薬部外品、化粧品などの場合はとくに安全性の問題が関わってくるため、厳格な認可制度が設けられているのです。

では、この個人輸入代行はどのような仕組みでなりたっているのでしょうか。実際に個人で海外の製品を購入しようと思えば、言葉の壁などさまざまな問題が発生しますが、代行業者に間に入ってもらうことでその面倒を省くことができるのです。

あくまで購入するのは利用者、というスタンスで利用するわけです。通常、営業目的で海外の製品を購入する際には厚生労働大臣の認可が必要となります。

ネットのおかげで通販と同じような感覚で個人輸入が可能になったことで注目を集めるようになっているのです。個人輸入代行はこの個人の輸入を仲立ちする形で成り立っているのです。

その理由は個人輸入代行業の存在。インターネットを利用すれば手軽に個人輸入ができるといわれています。


ホーム RSS購読 サイトマップ