抗うつ剤のデメリットについて

抗うつ剤のデメリットについて

我慢を少なくするための対策について、治療開始時はペンゾジアゼピン系抗不安薬と一緒に併用するという方法があります。非常に困ったことなのですが、ここで薬の服用を止めてしまっては元も子もありません。

抗うつ剤の効果が出てきましたら、抗不安薬を漸減中止するという感じです。薬によりましては、もっと早々に効果が現われるものもあるのですが、少量から開始してだんだん増量をしていく方法を取ることで、有効量に達するまでの期間がありますので、さらに時間がかかることになってしまいます。

抗不安薬の方はすぐに効果が現われますので、抗うつ剤の効果が出てくるまでの間、ある程度症状に苦しめられないで済みます。抗うつ剤療法でどれよりも大切なことは、効果が出るまでとにかく我慢することなのです。

この点に関しては、飲んですぐ効果の出てくるペンゾジアゼピン系抗不安薬とは対照的といえます。従いまして、はじめの1〜2週間というのは、効果が出てこなくて副作用だけが出てしまうということになります。

抗うつ剤が十分な効果を発揮するためには、脳の代謝のバランスに変化をもたらせてあげる必要があり、それに時間がかかるためと医師たちの間では考えられています。抗うつ剤のデメリットの一つとして、効果が現れるまでに1〜2週間程度かかってしまうということです。

既に一つのデメリットとして、副作用に関しては飲んですぐ出てくるということが挙げられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ